堺・神戸・枚方の人材派遣会社ならパワーキャスト

人材派遣とアウトソーシングの違いは?メリット・デメリットも解説

人材派遣とアウトソーシングは、どちらも「外部のサービスやリソースを活用して、自社で行う業務を依頼する」という方法です。しかし、明確には大きな違いが存在しており、違いがわからないまま問い合わせる企業も少なくありません。

そこで今回は、人材派遣とアウトソーシングについて、それぞれの特徴と違いやメリット・デメリット、使い分け方を詳しく解説します。「自社の業務を誰かに依頼したい」「人材を確保したい」という方は、ぜひ参考にしてください。

1.人材派遣・アウトソーシングとは?それぞれの特徴と違い

まずは、人材派遣とアウトソーシングの概要を、それぞれ解説します。

○人材派遣

人材派遣とは、企業が依頼したいタイミングで適切なスキルを持った人材を人材会社に依頼し、自社に派遣できるサービスです。依頼した企業は派遣社員と直接雇用契約を結ぶのではなく、人材会社と契約を結ぶこととなります。また、人材派遣の中にも一定の契約期間を過ぎれば派遣契約が終了になるタイプや、双方の同意のもと正社員として勤務できるタイプなど、さまざまなタイプがあることも特徴です。

○アウトソーシング

アウトソーシングとは、外部の企業に業務そのものを依頼できるサービスです。人材派遣はその名の通り自社に人材を派遣するため、派遣社員への教育や管理は、依頼した企業が自ら行わなければなりません。しかしアウトソーシングの場合、業務そのものを依頼できるため、教育や管理を行う必要がなくなります。

下記は、人材派遣とアウトソーシングの違いを簡潔にまとめた表です。

人材派遣 アウトソーシング
  • 人材会社から人材を派遣するサービス
  • 社内で直接派遣社員に業務指示を出す
  • 派遣社員の教育や管理が必要
  • 外部企業に業務自体を委託するサービス
  • 社員・スタッフへの教育や業務指示、管理などもまとめて依頼可能

このように、人材派遣とアウトソーシングは似たようなサービスでありながら、明確な違いが存在します。自社の現状を踏まえたうえで、適切なサービスを選びましょう。

2.人材派遣・アウトソーシングのメリット・デメリット

人材派遣もアウトソーシングも、「スキルのある人材をすぐに確保したい」「業務委託をしたい」「自社のリソースに余裕を持たせたい」と考えている企業におすすめの方法です。

しかし、人材派遣とアウトソーシングにはそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットも存在します。各サービスのメリット・デメリットまでを理解しておかなければ、契約後に失敗したと感じてしまう可能性も否めません。

ここからは、人材派遣とアウトソーシングのメリット・デメリットを解説します。

2-1.人材派遣のメリット・デメリット

人材派遣のメリット・デメリットは、下記の通りです。

メリット(1)必要な期間のみ専門性の高い人材を確保できる
人材派遣は、専門スキルに特化した人材を一定の期間にのみ確保できる点が大きなメリットです。「繁忙期の期間のみ」「現在進めているプロジェクトが終了するまで」などの短期依頼もでき、人員計画も立てやすくなるでしょう。また、人材が欲しいと思ったタイミングですぐに派遣できるため、人事の書類選考や面接・採用活動にかける工数もなく、結果的にコスト削減にもつながります。
メリット(2)業務管理がしやすくなる
派遣社員の場合、社内で面と向かって直接の指示を出すことが可能です。お互いに社内の状況を踏まえたうえで細かいコミュニケーションを行うこととなるため、派遣社員側は業務を進めやすく、企業側は進捗状況を把握しながら業務管理をスムーズに行えるでしょう。
デメリット(1)派遣社員への教育や指示に工数が発生する
たとえ専門性の高い派遣社員であっても、自社の雰囲気や業務の進め方に慣れてもらうまでには、少なからず社員による教育や指示が必要です。また、派遣社員の入れ替わりの度に引き継ぎ業務を行う必要があることも覚えておきましょう。
デメリット(2)帰属意識が低い派遣社員も存在する
派遣社員は、直接派遣先の企業と雇用契約を結ぶわけでもなく、一定期間のみの就業となるため、社内の正社員と比較して帰属意識が低い傾向です。あくまで一部であるものの、帰属意識の低さによって起きる情報漏えいなどのリスクを対策しておく必要があるでしょう。

2-2.アウトソーシングのメリット・デメリット

アウトソーシングのメリット・デメリットは、下記の通りです。

メリット(1)業務品質が向上する
アウトソーシングでは、専門性の高い外部のリソースを利用することも可能です。ある程度の経験があるアウトソーサーは、品質やスピードに優れています。いわゆる「その道のプロに全てを外注する」ことができるため、業務品質向上や業務効率化が期待できるでしょう。
メリット(2)本来の業務に集中できる
アウトソーシングに依頼したことにより、社内の業務リソースも十分となり、業務品質のさらなる向上が期待できます。社内のスタッフや正社員もさまざまな業務に圧迫されることがなくなり、モチベーションを維持したまま本来の業務に集中できるでしょう。生産性向上にもつながります。
デメリット(1)社内にノウハウが蓄積しない
アウトソーシングは特定の業務をまとめて委託するため、社内にノウハウが蓄積しやすい点がデメリットです。そのため、自社ですでにノウハウのある業務を委託する企業も少なくありません。ノウハウを得たい場合は、委託先にノウハウを定期的に共有してもらう必要があります。
デメリット(2)社内体制の変更に柔軟に対応できない
人材派遣とは異なり、アウトソーシングは直接的に指示をすることができません。そのため、業務の管理が行き届かなくなる傾向にあります。特に社内体制の変更に対して柔軟に対応することは困難でしょう。柔軟な対応を求めるのであれば、日頃からなるべく委託先の担当者と細かなコミュニケーションをとることが大切です。

3.人材派遣・アウトソーシングの使い分け方

人材派遣とアウトソーシングはそれぞれ一長一短あることから、職種や社内の状況に合わせて使い分けることが大切です。一例として、下記の「各サービスで主に行われている職種」の表を参考にしてください。

「人材派遣」を行うことが多い職種
  • コールセンター・テレアポ
  • 商品梱包・発送・管理
  • PCデータ入力・事務
「アウトソーシング」を行うことが多い職種
  • マーケティング関連
  • IT関連
  • 経理・法務
  • 販売

上記のように、人材派遣を行うことが多い職種は主に「一定のルーティン業務が行われる職種」です。人材会社の派遣スタッフは、派遣先で行う業務内容や勤務時間を予め確認して派遣するため、イレギュラー業務に対応できない可能性があります。そのため、一定の業務プロセスを行う職種は、人材派遣が適していると言えるでしょう。

一方で、アウトソーシングを行うことが多い職種は「より高い効率や品質が求められる職種」であることが特徴です。人材派遣よりも適切な範囲は比較的広くなるものの、コア業務が多く納品物の品質や成果も問われるマーケティング・IT業務などでは、アウトソーシングがよく利用されます。

4.関西近辺で人材を確保したい会社は「パワーキャスト」へ

ここまで、人材派遣とアウトソーシングそれぞれの違いとメリット・デメリット、使い分け方を紹介しました。関西近辺で人材をお探しなら、「パワーキャスト」をぜひご利用ください。

パワーキャストは、人材を確保したいさまざまな業種の企業様に向けて、人材派遣・人材紹介・紹介予定派遣・業務請負(アウトソーシング)の各種人材サービスを提供しています。ご利用前に綿密なヒアリングをしたうえで、最適な人材サービスをご提案しているため、人材サービスの利用が初めての企業様でも安心です。

関西近辺で人材を確保したい企業様は、ぜひパワーキャストに一度お問い合わせください。

まとめ

人材派遣とアウトソーシングは、どちらも人材サービスであることに変わりはありません。しかし、契約形態や仕組みなど細かな部分に大きな違いがあり、メリット・デメリットも双方で異なります。

「人材サービスを利用したいけど、人材派遣とアウトソーシングどちらが良いかわからない」という方は、各サービスのメリット・デメリットや向いている職種を参考に、ぜひ適切なサービスを選んでください。

また、関西近辺で人材サービスを利用したい場合は、パワーキャストへご相談ください。人材派遣・アウトソーシングをはじめとしたさまざまな人材サービスを提供しているパワーキャストが、お客様一人ひとりの要望に適した人材サービスをご提案いたします。