堺・神戸・枚方の人材派遣会社ならパワーキャスト

人材不足の対策に派遣を活用するメリット|人手が足りなくなる原因

現代では、どの職業においても人材不足が深刻な問題となっています。人材不足となる理由の一つが人口減少です。今後の推計では、人口が減少するだけでなく高齢者の割合が増え、生産年齢人口の割合が減っていくといわれています。

人材不足による倒産が増える中で、多くの企業において優秀な人材の確保は重要な課題です。また、「採用した人材が2~3年で辞めてしまう」という悩みを持つ人事担当者や採用担当者も多くみられます。

当記事では、人材不足の悩みを持つ人に向けて、人材不足を発生させないための方法や、対策として派遣を活用するメリット・デメリットを紹介します。また、時短派遣を活用するメリットも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

1.人材不足を発生させないためには?

人材不足を発生させないためには、まず、なぜ発生するのかを考え、それに合った対策を講じることが必要です。ここでは、人材不足を発生させないための対策を4つ紹介します。

(1)人事制度を見直して快適な労働環境を整える

人材不足を発生させないためには、「優秀な人材から選ばれる企業」となる努力が必要です。労働環境の見直しや提案を行い、整えることで、企業や業界のイメージや魅力のアップを図ることができます。

具体的には、下記のような方法を取ります。

  • 給与金額の見直し
  • 長時間労働の是正
  • 有給休暇やリフレッシュ休暇などの充実
  • 在宅勤務や時短勤務など柔軟な働き方や勤務条件の提案
  • 社員食堂や家賃補助などの福利厚生の充実

(2)補助金を活用してITを導入する

中小企業(小規模事業者)が人材不足を解消するためには、費用が必要です。費用の捻出が困難である中小企業が利用できる補助金に、IT導入補助金があります。IT導入補助金とは、経済産業省がITツール導入費用の一部または全部を負担する制度です。

ただし、同制度は審査があるため、申請しても必ず交付されるわけではない点に注意が必要です。

(3)女性や高齢者を積極的に採用する

女性や定年後の高齢者を積極的に採用することで、人材を確保することができます。女性や高齢者で職を探している人は多く、特に女性は出産などのやむを得ない事情による離職がほとんどです。

下記のような方法を取ることで、人材不足を解消させることが可能です。

  • 高卒女性の採用・女性採用の職種や職場の拡大
  • 育児休暇や子育て中の時短勤務の延長
  • 高齢者向けの時短勤務制度の導入

(4)派遣を活用する

派遣会社を活用することで、高いスキルを持つ人材を確保することが可能です。雇用期間や目的に応じて「有期雇用派遣」「無期雇用派遣」「紹介予定派遣」の中から選択できます。

2.人材不足の対策に派遣を活用するメリット・デメリット

欲しい人材を最短1日で確保できるため、仕事量の変動に合わせて契約できるなど、人材不足の対策として派遣を活用することには、多くのメリットがあります。しかし、デメリットがあることも事実です。派遣の活用を検討する際は、後悔しないためにもメリット・デメリットの両方を理解しておきましょう。

ここでは、人材不足の対策に派遣を活用するメリット・デメリットを2つずつ紹介します。

2-1.派遣を活用するメリット

企業が派遣を活用するメリットは、以下のとおりです。

●採用・育成費用がかからないため、コスト削減が可能

企業が人材を採用する際、「求人募集を出す」「応募者の面接をする」「社内で評価を出す」「採用通知を連絡する」など多くの工程があります。また、採用後は社員研修を行い、人材を育成しなくてはなりません。

一方で、派遣は派遣会社に希望を伝え、紹介された人材と面談するのみで、人材の採用にかかるコストを大幅にカットすることができます。派遣社員は派遣会社と雇用契約を結ぶため、企業は社会保険料や雇用保険料などを負担する必要がありません。

●派遣社員は実務経験や専門知識・ノウハウを持っているため、一から教育する必要がない

正社員として新卒者を採用した場合は社員教育の必要があり、コスト面だけでなく、社員が戦力となるまでにある程度の時間を要します。一方で、派遣社員は実務経験があり、専門知識やノウハウを持っているため、即戦力となります

2-2.派遣を活用するデメリット

企業が派遣を活用するデメリットは、以下のとおりです。

●派遣社員が担当した業務のノウハウを蓄積しにくい

基本的に派遣社員の雇用期間は有期であるため、社内のコアな業務を派遣社員に任せてしまうと、契約期間の満了後に社内スタッフにノウハウを持つ人材が残りません

●業務や残業など契約外の勤務内容が制限される

派遣社員は時給や就業時間だけでなく、業務内容や残業の有無などをあらかじめ定めた「労働派遣契約」をもとに就業します。そのため、契約内容と大きく逸脱した業務内容を依頼することができません

また、「残業なし」の契約で残業を依頼する際には、派遣会社の許可が要るなど、柔軟性に欠ける点もデメリットです。

3.人材採用が急務の場合は「時短派遣」の活用もおすすめ!

派遣社員は週5日のフルタイム勤務が基本ですが、最近では時短派遣も注目されています。時短勤務は「1日に3~4時間」「週3日」など、ライフスタイルに合わせて勤務できるため、時短勤務で働くことを希望する求職者は多く、人材を確保しやすいことが特徴です。

特に人材の確保が急務の場合は、フルタイム勤務者の雇用にこだわって無駄に時間をかけるよりも、求職者の多い時短派遣を活用することがおすすめです。

4.時短派遣を活用するメリット2つ

昨今注目の「時短派遣」は、働く時間や業務内容に制限のある求職者にとっては非常に大きなメリットがあり、人気の高い働き方です。

では、人材採用する企業側にはどのようなメリットがあるでしょうか。ここでは、時短派遣を活用するメリットを2つ紹介します。

4-1.専門性の高い人材を採用できる

実務経験者である派遣の登録スタッフは、専門性の高いスキルを持つことが特徴です。出産や介護などでフルタイムでの勤務が難しい場合、従来の働き方では高いスキルや技術を持つ女性でも離職せざるを得ませんでした。

専門性の高い人材は、プロとしての意識や働く意欲も高いため、効率よく成果を上げることが可能です。専門スキルを持つ人材を時短とはいえ、即戦力として自社に導入できる点は、時短派遣を活用する最大のメリットです。

4-2.求職者とのニーズの合致により離職率が下がる

人材不足の原因の一つは、職場環境や勤務形態が社員のニーズと異なることによる離職です。特に出産や子育てを機に離職する女性は多いでしょう。

時短派遣は、家事や育児との両立を望む主婦層だけでなく、副業を求める自営業やフリーランスなどからのニーズも見込まれます。また、企業側にとっても、業務効率化を図るなど業務の見直しをするチャンスです。業務内容の見直しによって生産性を高めたり、経費の削減に繋げたりすることができます。

さらに、就業者のニーズと雇用主の要望がマッチする働き方は、双方が満足のいく結果に繋がりやすいため、離職率を下げることも可能です。

5.派遣を活用するなら「パワーキャスト」

人材不足を低コストで解消するなら、「パワーキャスト」の活用がおすすめです。

パワーキャストは、繁忙期や突発的な欠員、急な増員などに柔軟に対応しています。必要な時に必要なだけ人材を確保できるうえ、採用活動に煩わされることなく高い能力を持つ人材を確保できるため、業務を効率化することが可能です。

パワーキャストでは、製造業や物流業、福祉介護など、さまざまな業種にて即戦力となる人材を紹介しています。人材不足を解消したい場合は、ぜひパワーキャストを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

人材不足を発生させないためには、人事制度の見直しや補助金の利用、女性や高齢者の採用など、さまざまな対策を講じる必要があります。中でも派遣の活用は採用の手間やコストがかからないため、人材の確保が急務となっている場合におすすめです。

特に時短派遣は、求職者の希望と企業のニーズが合致するため、離職率が低くなる傾向にあります。優秀な人材に長期間働いてもらうことも、人材不足の解消に繋げることができます。

派遣を活用する際は、繁忙期や突発的な欠員・急な増員などに対応しているパワーキャストをぜひご検討ください。