堺・神戸・枚方の人材派遣会社ならパワーキャスト

製造業で効果を発揮するコスト削減方法を紹介!

製造業を営んでいる会社にとって、コスト削減は会社の利益を増やすために大切な課題です。しかし、コスト削減を目的に手当たり次第で社内改革を進めても高い効果が必ず得られるとは限らず、逆に業務が機能不全となる可能性があります。

製造業の経営に携わっている方の中には、効果的なコストの削減方法を知りたい方が多いでしょう。そこで当記事では、コストを削減する際に大切な考え方や、製造業における有効なコストの削減方法を紹介します。

1.コストを削減する前に考えるべきこと

まず、コスト削減とは経営者の一存で簡単に行えるものではないことを知っておきましょう。製造業の各種業務は従業員の労働によって成り立っているため、コスト削減も従業員の協力がなくては成功しません。

経営者と従業員が一丸となってコスト削減を進めたいときは、「なぜコストを削減する必要があるのか」を考えましょう。会社が置かれている状況から、次の2点を分析します。

  • 現在の業務コストが抱えている問題は何か
  • コストを削減するメリットは何か

コスト削減の理由を明確にした後は、従業員にも必ず伝えてください。

また、「コスト削減の優先順位」を決めることも重要です。製造業における全ての業務でコストを削減することは現実的ではないため、大きな削減効果が見込めるいくつかの業務に対象を絞らなくてはなりません。
どの業務がコスト削減の対象であるか従業員が分かっている状態であれば、コスト削減への積極的な協力を従業員から得ることが可能です。

2.コストには削減しやすいものと難しいものがある

コストと一口に言っても、製造業のコストには削減しやすいもの・削減が難しいものの2種類があります。一見すると高いコスト削減効果が見込めるものであっても、削減が難しい場合は相対的に効果が低くなるため、注意してください。

以下では、削減しやすいコストと難しいコストの例を紹介します。

2-1.削減が容易なコスト

「削減が容易なコスト」は、代替しやすかったり、業務上の心がけで節約できたりするといった特徴があります。製造業で削減が容易なコストは、主に以下の4つです。

●光熱費

会社経営における光熱費とは、基本的に電気代です。製造業では、製造ラインの機器動作や照明・エアコン空調などで多大な光熱費が発生しています。

●移動費

出張や事業所間の移動、取引先への訪問などが必要な場合に、移動費(交通費)が発生します。営業車に使うガソリン代も移動費の一部です。

●通信費

通信費とは、会社が利用しているインターネット回線や電話回線などの料金を指します。従業員に持たせている法人携帯電話やチラシ・DMなどの郵便配達費用も、通信費に含まれる項目です。

●労務費

労務費とは製造に直接関わる費用のことであり、人件費を構成する項目の一つです。製造業では多くの従業員が働いているため、労務費の見直しは大きなコスト削減が見込めます。
ただし、労務費は従業員の人数・給与に関わるため、コスト削減効果は大きいものの、扱い自体は難しい項目です。

2-2.削減が難しいコスト

「削減が難しいコスト」とは、簡単に代替できない項目や、削減しようとすると一時的に多くのコストがかかるものです。製造業で以下3つの項目は、削減が難しいといえます。

●仕入れ費用

仕入れ費用は、商品原材料を仕入れる際に発生する費用です。原材料費は仕入れ先との交渉で決まるため、自社側の都合だけで価格を削減することは簡単ではありません。
仕入れ先の変更に伴い発注単位や決済方法が変わるケースがあることから、原価の削減効果以上に余計な調達コストがかかってしまう可能性があります。

●賃料

製造業における賃料とは、事業所・工場の敷地や建物の利用料金、生産設備や機械設備のリース料金などを指します。賃料はコストが大きい固定費ではあるものの、貸主との交渉が必要となるため、簡単には削減できません。

●税金

税金は優遇税制などを活用することで節税できるものの、節税できる額は上限が決まっています。税務処理に詳しくないまま税金の削減を進めると、知らず知らずのうちに脱税してしまう可能性があるため、節税は税理士と相談して行いましょう。

3.コスト削減の方法とは?

製造業でコスト削減しやすい項目は光熱費・移動費などの「経費」と「労務費」です。
それでは、コスト削減はどのように進めるべきなのでしょうか。

ここでは、経費と労務費それぞれでかかる費用について、見直すべきポイントやコスト削減時の注意点を解説します。

3-1.経費(光熱費や移動費など)の場合

光熱費や移動費といった経費を削減する場合の基本的な考え方は、「既存のものを最適化する」ことです。業務の本質的な部分を変えることなく経費を圧縮できれば、小さな労力で大きなコストの削減効果が見込めます。

●照明をLED照明に切り替える

事業所や工場の照明に、蛍光灯を使い続けている会社は多くあります。LED照明は蛍光灯に比べて消費電力が半分以下で済むため、LED照明に切り替えると光熱費を大きく削減できます。稼働時間が長い場所ほど、LED照明への切り替えがおすすめです。

●Web会議の導入で移動費を削減する

Web会議はパソコンとWebカメラ・スピーカーマイクを使用して、モニター上で相手の顔を見ながら会話できるツールです。遠方の相手はもちろん、複数人と同時に通話できるため、移動費をかけて出張・訪問する回数を減らせます。

●インターネット回線や携帯電話の契約プランを見直す

通信に用いているインターネット回線や携帯電話の契約プランにも無駄がないかを確認しましょう。現在ではお得な回線プランやMVNOキャリアが登場しており、定期的に通信費を見直すことで経費削減に繋げられます。

3-2.労務費の場合

労務費は人件費の一部であり、コストを削減するためにリストラや賃下げを検討する方もいるでしょう。しかし、急なリストラや賃下げを行うと、従業員のモチベーション低下や会社全体の生産性低下を招きます。
そのため、労務費削減のポイントは「無駄をなくす」ことです。

●業務改善により業務効率化を進める

業務の無駄をなくすためには、まず業務改善を行いましょう。業務改善は業務内容・フローの見直しや生産管理システムの導入を行うことで、非効率的な生産工程や人員配置を最適化できます。無駄な業務を解消することが、労務費削減の第一歩です。

●パート・アルバイトや人材派遣の利用で時間あたりのコストを下げる

製造業務の多くを正社員が行っていると、時間あたりのコストが高い状態となってしまいます。労務費を下げるためには正社員が行う業務と、パート・アルバイトや派遣社員が行う業務を分けることが大切です。
パート・アルバイトや派遣社員が製造業務を行うことで、時間あたりのコストを下げられ、労務費の削減を実現できます。

4.製造業の人材紹介はパワーキャストグループへ

労務費を削減するために派遣社員の人材を探している場合は、「パワーキャストグループ」の人材派遣や人材紹介を利用してみましょう。
パワーキャストグループでは、製造業の人材紹介サービスを行っています。

パワーキャストグループの強みは、派遣社員を求めている会社にしっかりとヒアリングを行い、業務内容に沿った人材を紹介できる点です。
短期~中長期で働ける最適なスタッフを素早く確保できるため、人材採用にかかるコストを削減できます。派遣や紹介されるスタッフは高いスキルを持っており、採用後に教育する手間もほとんどかかりません。

人材紹介サービスは製造現場で起こりやすい急な欠員や、繁忙期における増員にも対応できます。製造業の人材派遣および紹介は、パワーキャストグループがおすすめです。

まとめ

製造業でコスト削減するためには、従業員の協力が欠かせません。まずはコスト削減する理由を明確にして、従業員とともにコストを削減できる体制を整えましょう。

製造業で削減が容易なコストは光熱費・移動費・通信費といった経費と、従業員の労働にかかる労務費です。既存の工場設備や働き方で無駄な部分はないかを考え、業務改善によりコスト削減を進めましょう。

労務費を削減するためには、正社員が行っていた業務を派遣社員の業務へと移行することがおすすめです。パワーキャストグループの人材サービスを利用すると、製造業に適した人材を素早く確保でき、労務費の削減と生産効率の向上を実現できます。