堺・神戸・枚方の人材派遣会社ならパワーキャスト

製造業における人手不足の実態|原因と解決する方法を解説

製造業は、ものづくりに携わる従業員が欠かせない業界です。
しかし、製造業は人手不足が進んでいる業界であり、特に製造技術の中心を担う「技能人材」が不足している会社も少なくありません。

製造業の会社が人手不足を解消するためには、製造業や日本企業を取り巻く状況を正しく把握することが重要です。
今回は製造業における人手不足の実態から、人手不足の主な原因・人手不足を解消する方法まで解説するため、ぜひ参考にしてください。

1.製造業における人手不足の実態とは

製造業における人手不足の実態とは

製造業は他の業界と比較して人材確保・定着が難しく、人手不足が問題となっている業界です。
以下は、経済産業省が示す、製造業における人手不足の実態です。

●製造業の94%以上が人手不足を感じている

経済産業省による製造業の大企業・中小企業を対象とした調査では、2017年12月時点で製造業の94%以上が「人手不足を感じている」と回答しました。 「ビジネスにも影響が出ている」と回答した企業は30%近くに上り、製造業の人手不足は顕在化した問題であることが分かります。

●技能人材の確保が課題である

人手不足が進んでいる中でも、確保が課題となっている人材が「技能人材」です。 技能人材とは品質・生産管理業務や製造・加工業務などに携わる技術者的な人材であり、製造業の製造・生産工程において重要な役割を担っています。

2017年12月時点における経済産業省の調査では、製造業全体の約83%が「技能人材の確保に課題がある」と回答しています。 さらに、「特に確保に課題がある人材」として、約60%の中小企業が「技能人材」を挙げています。

出典:経済産業省「製造業における人手不足の現状および外国人材の活用について」

製造業の人手不足はビジネスに影響が出るほど深刻な問題であり、技能人材などの製造業の中心を担う人材確保が急務と言えます。

2.日本の製造業が人手不足となる原因

日本の製造業における人手不足は、主に以下の3つの原因が影響しています。

  • 少子高齢化による労働者人口の減少
  • 建設需要の拡大
  • 製造業へのネガティブなイメージ

中でも、輸送用機械・鉄鋼業・非鉄金属・金属製品分野の製造業は、人手不足によりビジネスにも影響が出ています。

出典:経済産業省「製造業における人手不足の現状および外国人材の活用について」

以下では、製造業が人手不足となる3つの原因について詳しく解説します。

2-1.少子高齢化による労働力人口の減少

少子高齢化による労働力人口の減少

日本は少子高齢化社会であり、労働力人口が徐々に減少しています。
また、団塊の世代にあたる60代~70代の人材が引退するなど、世代交代のタイミングも労働力人口の減少に拍車をかけています。

さらに、日本の人口分布は東京一極集中が進み、都心部に人口が大きく偏っている状況です。
地方で生まれ育った若手人材は東京で仕事を探すケースが多いため、地方に工場を持つ製造業は人材確保が困難となっています。

2-2.東日本大震災・東京オリンピックによる建設需要の拡大

2010年代は、東日本大震災の復興活動・東京オリンピックの招致などにより、建設需要が大きく拡大しました。

一方で、製造業の経営者から見ると、東日本大震災・東京オリンピックによる建設需要の拡大はあくまでも一時的な事象です。 復興需要やオリンピック需要の終了後に景気は落ち込む可能性があるため、中小企業を中心に、正社員の人数増加に踏み切れない企業が多く存在します。

2-3.製造業に対するネガティブなイメージ

バブル崩壊後の大規模リストラ・海外メーカーとの競争・有名メーカーの倒産など、製造業に対してネガティブなイメージを持つ人は一定数存在します。 また、20代~30代の求職者を中心に「製造業は明るい展望が見えない業界である」と考える人もいるため、人材供給がなかなか進まない状況です。

3Kと呼ばれる「きつい・きたない・危険」のイメージや、単純なライン作業を長時間行うようなイメージも、製造業が抱える悩みとなります。

3.製造業の人手不足を解消する方法

製造業は人手不足となりやすい業界であるため、人手不足が解消できる方法を知り、実践する必要があります。

以下では、製造業の人手不足を解消する方法と、具体的な対策内容を紹介します。
自社が実践していない取り組みがあれば、ぜひ導入を検討してみてください。

3-1.現在働いている人材の離職を防ぐ

人手不足を解消するためには、現在働いている人材の離職を防ぐことが最重要です。

製造業における離職理由としては、「職場や人間関係に問題がある」「仕事が評価されていないことへの不満」などが挙げられます。
人材の離職を防ぐためには、以下のような対策を実施することが必要です。

  • 社内環境の整備
  • キャリアパスの明確化
  • 従業員のスキルアップやキャリアアップを助成する

労働意欲を高める施策を導入することで、現在働いている人材の離職を防ぎましょう。

3-2.AIやICTを積極的に活用する

AIやICTを積極的に活用する

AIは「人工知能」、ICTは「情報通信技術」を示す用語です。

AIやICTを活用することで、生産性向上・業務効率化が見込めるだけでなく、従業員の育成コストを抑え、業務の属人化を解消できます。

以下は、製造業におけるAIやICTの主な活用例です。

  • ライン作業に産業用ロボットを導入する
  • 技能やノウハウのデータベース化・マニュアル化する
  • 事務作業などを、AI・ICTに強みを持つ企業にアウトソーシングする

AIやICTを活用するにあたっては、AI分野や産業機械に関する専門的知識を持つ人材の育成・獲得も必要です。
設備・機器の導入費用も高額となるケースが多いため、予算とのバランスを考慮することが大切です。

3-3.外国人や女性を積極的に採用する

製造業の人手不足を解消するためには、外国人や女性を積極的に採用することも大切です。

経済産業省では「新たな外国人材の受入れについて」というガイドラインを示し、外国人を雇用している事業所の数は年々増加しています。

出典:経済産業省「製造業における人手不足の現状および外国人材の活用について」

外国人採用や女性採用を積極的に進める際は、人材の定着を促すために、労働環境改革・雇用状況の見直し・キャリアパスの明確化なども同時に行いましょう。

3-4.メディアへの露出でイメージアップを図る

各種メディアへの露出に力を入れることで、製造業に関するネガティブなイメージを払拭し、自社の魅力を効果的にアピールできます。

以下は、メディアの主な活用例です。

  • CMを出稿する
  • Webメディアに取材してもらう
  • オウンドメディアを立ち上げる
  • SNSで積極的に情報発信を行う

なお、メディアへの露出施策は、直接的な人材確保には繋がらない傾向です。
あくまでもイメージアップ戦略であるため、長期的な視野で効果を出したいときに適した方法となります。

3-5.人材派遣を利用する

人材派遣を利用する

人材を素早く確保したいときには、人材派遣を利用しましょう。
人材派遣は、他の方法と比較して低コストであり、短期間で人材不足を解消できる点がメリットと言えます。

製造業の人材派遣サービスは、「パワーキャストグループ」の利用がおすすめです。
パワーキャストグループは製造・物流を中心とした人材サービスを提供しており、製造業経験者が多く登録しています。
そのため、組立・溶接・検査など、専門性のある人材ニーズに応えることが可能です。

また、パワーキャストグループの人材派遣は、突発的な欠員補充や繁忙期における増員にも対応しています。
人材不足に悩む際は、ぜひパワーキャストグループにご相談ください。

まとめ

少子高齢化により労働力人口が減少しているため、製造業は人手不足が深刻化しています。
中でも、技能人材の確保は重要な課題です。

製造業が人手不足を解消するためには、現在働いている人材の離職を防ぐ・採用の幅を広げる・イメージアップを図るなど、積極的な対策が必要となります。

パワーキャストグループの人材派遣を使用することで、即戦力となる人材を素早く・低コストで確保することが可能です。
外国人派遣サービスも行っているため、ぜひお気軽にお問い合わせください。