堺・神戸・枚方の人材派遣会社ならパワーキャスト

工場を辞めたいと思う人必見!よくある理由とおすすめの職種とは?

工場で働く人のなかには、さまざまな理由から、工場を辞めたいと考える人もいるでしょう。しかし、辞めたいと考えていても、どうすればいいのかわからない人が多くいます。

工場を辞めたいと思ったときは、なぜ辞めたいと思うのか、よく考えることが重要です。

今回は、工場勤務を辞めたいと考えている人に向けて、よくある退職理由と、工場勤務が向いている人・向いていない人の特徴を解説します。工場を続けるべきかどうか、迷ったときにとるべき行動も解説しているため、参考にしてください。

1.工場を辞めたいと思う人によくある理由

工場勤務には、製造業や食品のライン生産・製造オペレーター・機械操作など、さまざまな種類があります。しかし、辞めたいと思う理由は、共通している部分が多い状態です。

ここでは、工場を辞めたいと思う人によくある理由を4つ紹介します。自分が辞めたいと思う理由と、よくある理由が一致しているか、確認してみましょう。

1-1.同じ作業の繰り返しであるため

工場の仕事で多い業務が、ライン作業です。作業員は所定の位置に立ち、ベルトコンベアから流れてくる製品のチェックや、組み立てを行います。
たとえば、お弁当を取り扱う工場の場合は、おかずをつめたりフタをしたりするなどの作業がほとんどです。自動車工場などの場合は、部品の取り付けやペイント作業もライン作業で行われます。

基本的に同じ作業を繰り返すだけの単純作業であるため、工場での仕事には、飽きやすい特徴があります
このような同じ作業の繰り返しが嫌になり、辞める人は少なくありません。

1-2.やりがいを感じられないため

工場での仕事内容は、未経験の人でも取り扱える内容が多く、比較的簡単に仕事を覚えることが可能です。しかし、スキルを磨いたり知識を積んだりする機会が少ないため、やりがいを得られにくい環境でもあります

教育環境や研修制度が整っていない現場では、作業員から次のステップにキャリアアップする道が用意されていないケースもあります。将来のビジョンを描きにくいため、日々のモチベーションを保つことが難しく、やりがいを感じられないことも転職理由の1つです。

1-3.キツイ作業が多いため

工業での仕事は単純作業が多いものの、荷物の運搬など肉体労働を強いられる現場も多くあります。ライン作業も1日中同じ場所で立ち続ける必要があるため、足がむくんだり、腰を痛めてしまったりすることが多い現場です。

作業を続けていくうちに体を壊して、仕事が続けられなくなるケースも見受けられます。24時間稼働の工場では、三交代制などで夜勤が必要な場合もあり、不規則な生活から体を壊すなどして辞める人も少なくありません。

1-4.危険が多いため

製造系の工場にはさまざまな機械があり、機械のメンテナンスや管理もしなければなりません。作業中に手が挟まって切断されたり、熱湯がかかってやけどをしたりなど、危険も伴います

事故防止のための対策や教育を徹底している工場は多いものの、次の仕事を見つけて安全な職場に転職する人もいます。

2.工場を辞めるべき人と続けるべき人の特徴

工場勤務は、向き・不向きが顕著に出やすい仕事です。「工場を辞めたい」と考えている人は、まず自分が工場勤務に向いているのかどうかを見極め、辞めるべきか続けるべきかを見つめ直しましょう。

ここでは、工場を辞めるべき人と続けるべき人の特徴について、それぞれ3つずつ解説します。

2-1.工場を辞めるべき人

工場勤務に向かない人は、以下のようなタイプです。

●仕事で成果をあげたい・評価されたい人

工場の仕事は、あらかじめ作業内容が決まっているため、自分の力量を発揮できる場面がほぼありません。その反面、ミスをすると目立つため、マイナスの評価は受けてもプラスの評価を受けることが難しい現場です。
自分の力だけで成果をあげたい人や、仕事に対する正当な評価を受けたい人は、営業職などがおすすめです。

●給与アップを望んでいる人

一般的に、長く工場に勤務した場合でも、管理職にならない限り給与アップは見込めません。キャリアアップを目指し、収入をあげたい人には向いていないでしょう。

●人とコミュニケーションをとりたい人

工場での仕事は機械を相手にするため、人との関わりが少ない環境です。人とコミュニケーションをとることが好きな人は、営業職や接客業など、人との関わりが多い仕事が向いています。

2-2.工場を続けるべき人

工場勤務に向いている人は、以下のようなタイプです。

●単純作業が好きな人

同じ作業を続けていても苦にならない人や、コツコツと1つの作業に集中できる人に向いています

●安定した給与を求めている人

キャリアアップや昇給はあまり見込めませんが、「歩合などに左右されずに安定した給料がほしい」という人は、工場勤務を続けていけるでしょう。

●頭を使う仕事が苦手な人

仕事を覚えてしまえば、頭を使って仕事をする場面はほとんどありません。頭を使うことにストレスを感じる人や、人と関わることが苦手な人に向いています。

3.工場を続けるべき人が前向きに続けるための方法とは?

工場勤務において、直接人から感謝されることは多くありません。しかし、工場での仕事は、さまざまな部分で必要とされています。「工場を辞めたい」と考えたときは、以下の3つを見つめ直し、もう一度前向きに働き続けることを考えてみましょう。

●仕事のどこがつらいかを考える

「仕事の内容自体がつらい」・「単純作業に飽きた」・「体力的にもたない」・「人間関係の悩み」など、辞めたくなる理由はさまざまです。どのような部分にしんどさを感じているのか、その部分がわかると、改善策や次にとるべき行動が見えてきます

理由を明確にしないまま転職してしまうと、「やっぱり工場勤務のほうがあっていた」「転職しなければよかった」と後悔することにつながりかねません。
「なぜ辞めたいと思っているか」は、必ず明確にしておきましょう。

●肉体的な疲労を和らげる

体力や体の疲れが問題の場合は、食事内容や睡眠時間の見直しをしてみましょう。マッサージを受けて体の疲れを癒し、疲労を和らげるなど、解決できる問題があれば対策をとります。工場内で、今より体力を使わない現場へ異動できるかどうか、上司にかけあうことも有効です。

年齢的な問題で、立ちっぱなしの作業がつらくなってきたなどの場合は、事務職など体力を使わない仕事へ転職する方法もあります。

●工場勤務ならではのメリットを見つめ直す

工場勤務には、「単純作業」「人との関わりが少ない」「頭を使わない」など、工場勤務ならではのメリットがあります。これらをデメリットととらえている場合は、ほかの業種に転職した場合、本当に工場特有のメリットが失われてもいいのか考えてみましょう。

対人関係が苦手な場合、転職先で人とコミュニケーションをとったり、自分で考えて行動したりしなければならないことが、ストレスになる場合もあります。そういったストレスを避けて働きたい場合、工場が最も適しているといえます。

転職を検討する場合は、続けることのメリットとデメリットを比較しながら、今後を考えることが大切です。パワーキャストグループでは、あなたの希望により近づけるよう、全力を挙げてお仕事をご紹介します。また、就業途中で辞めたいと思った時には、あなたの担当コーディネーターが全力を挙げて相談にのります。パワーキャストグループはあなたの仕事探しに強い味方になります。

まとめ

ここまで、工場勤務を辞めたいと考えている人に向けて、よくある退職理由と、工場勤務が向いている人・向いていない人の特徴を解説しました。

工場勤務の人が辞めたいと考える理由には、「同じ作業の繰り返し」「やりがいを感じられない」「作業がキツイ」などがあります。しかし、工場勤務は「単純作業」や「人との関わりが少ない」など、メリットも多くある仕事です。

辞めたいと思ったときは、自分が工場勤務に向いているタイプかどうか、改めて見つめ直しましょう。そのうえで、満足できる職場を探すことが重要です。