パワーキャストグループ
パワーキャスト、ネクストリー、グローバルキャストは
製造業や物流業、食品業への人材派遣を行っております。

クイックWEB登録
ご希望のお仕事を当社でセレクト!

コラム

電話番号

寮での相部屋生活とは?想定される状況と注意点を詳しく解説!

期間工やリゾートバイト、スキー場の仕事などでは、寮が用意されている場合があります。基本的に寮は福利厚生を目的としているため、一般的な賃貸物件に比べて賃料が安く、通勤に便利な場所に位置しているケースが多い傾向にあります。

寮生活を希望し入寮する場合には、気をつけるべき点があります。代表的な例では、相部屋かどうかということが挙げられます。仮に相部屋だった場合は、初対面の人と共同生活することとなるため、入寮前に様々な状況を想定して対処法を考えておくことが必要です。

そこで今回は、寮での相部屋生活で想定される状況と注意点について詳しく解説します。

1.寮で相部屋生活を送る際に想定される状況

寮が相部屋の場合、基本的にベッド以外のスペースに関しては、すべて共同ということとなります。具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • ・トイレ
  • ・風呂・シャワー
  • ・冷蔵庫
  • ・キッチン

相部屋で共同生活する同居人は雇用先が決めるため、こちらの希望する人と相部屋になる可能性は低いでしょう。そのため、快適な寮生活を送りたいのであれば、良好な人間関係を築くための努力が必要となります。

勤務時間や所属部署などが異なれば、職場で顔を合わせることは少ないですが、相部屋で共同生活する限り一緒に過ごす時間は、必然的にほかの従業員に比べると多くなるでしょう。もし険悪な関係になってしまうと、その後の日常生活だけでなく、仕事にも支障が出る可能性があります。

無理に仲良くする必要はありませんが、寮での共同生活を考えるのであれば、社会人としての最低限のマナーを守り、相手を尊重して良好な人間関係を築くことが大切です。

ここでは、前述した人間下院系にも関わる、寮で相部屋生活を送る際に想定される状況について解説します。

1-1.二人以上との相部屋

相部屋では、二人だけでなく三人や四人などといった、複数人と同居するケースもあります。そのような場合、トイレや風呂などは部屋内ではなく、別で共同スペースが設けられていることが多い傾向にあります。そのため、二人で過ごす時よりも気を遣うことは少なくなるでしょう。

また複数人のほうが、一対一での共同生活ではないため、気楽に過ごすことができます。もちろん、最低限の礼儀は必要ですが、あまりにも固すぎると自分だけ輪に入ることができなくなってしまう可能性もあります。寮生活を快適なものにするためにも、適切な距離感を保ち同居人と接するようにしましょう。

1-2.先輩・後輩との相部屋

前述したように同居人は、こちらの希望通りにはいかないため、先輩もしくは後輩と相部屋になる可能性もゼロとは言えません。上下関係が苦手な人は、しんどい思いをすることとなりますが、社会人として最低限の礼儀で接すれば、険悪な関係にはならないはずです。

もしも自分のほうが経験が長く先輩となる場合は、わからないことを教えてあげることで、良好な関係を築きやすくなります。特に共同生活初心者の人には、優しく接してあげましょう。間違っても、後輩であるからといってコキ使ったりするということは厳禁です。

1-3.外国人との相部屋

職場によっては日本人ではなく、外国人と相部屋になる可能性もあります。そのような場合に懸念される点としては、英語などの言語や文化の違いです。言語の違いに関しては、英語を話せないなどどうしようもないケースが多く、文化の違いはこちらの出方次第で相手を深く傷つけてしまう場合もあります。

そのような事態に陥ってしまうと、険悪な関係となってしまう恐れがあるため、できるだけ相手の国の文化を尊重する姿勢を心がけましょう。ただし、生活に支障をきたすような行動を相手がとる場合は、よく話し合って、お互いが納得できる条件を決めたほうが良いでしょう。

また、仮に外国人と相部屋になった場合には、異文化に触れられるチャンスという気持ちで過ごしてみると、良好な人間関係を築きやすくなるでしょう。

2.寮で相部屋になった際の注意点

寮で相部屋になった同居人と仲良くなれれば、快適に過ごすことができます。ただし、一緒に生活していく中で距離が縮まりすぎ、超えてはいけないラインを超えてしまい、トラブルに発展するケースもあります。
ここでは、トラブルに発展させないために注意すべき点について紹介します。

2-1.掃除や私物管理のルールを徹底する

相部屋の寮では、一人で生活するわけではありません。自分では当たり前だと思っていたことも、一緒に生活する相手にとっては、当たり前ではなかったり、迷惑だったりすることもあります。

そのため、同居人と話し合って寮における諸々のルールを決めておきましょう。具体的には以下のような事例に沿って、ルールを決めることがおすすめです。

  • ・貴重品・私物の管理
  • ・掃除
  • ・時間帯による物音

中でも、特に気をつけておくべきルールが貴重品・私物の管理です。掃除や物音に関しては、多少問題があったとしてもお互い様な部分もあるため、大きなトラブルに発展することはほとんどありません。

しかし、貴重品や私物はしっかりと管理しておかなければ、大きなトラブルに発展する恐れがあります。そのため、貴重品や私物の管理に関しては、特に注意してルールを徹底するようにしましょう。

2-2.プライベートな空間はほぼ持てない

相部屋の寮では、基本的にプライベートな空間を持つことはほぼできません。ベッド以外は共同スペースとなっており、何をするにも気を遣ってしまうため、予想以上に窮屈な生活になってしまい、ストレスを感じることもあります。

また休日が被ってしまうと、どちらかが外出しなければ、1日中同居人と家で過ごすことになってしまいます。休日くらい、家に一人でゆっくりしたい気持ちもありますが、相部屋の寮では仕方がないことです。

2-3.物音や時間には気を使う

同居人とはシフトが毎日一緒というわけではなく、起きる時間や寝る時間など生活リズムが逆になる時もあります。そのため、同居人が寝ている時に自分が出勤する場合には、準備などの物音で起こしてしまわないように気を使わなければなりません。

ほかにもアラームの音はONにせず、バイブレーションのみにして枕元に置いておくなどの配慮も必要です。また、同居人が起きている時でも、電話する際には通路やバルコニーに出て会話をするよう心がけなければなりません。

自分は気にしないことでも、相手は気にすることもあります。同居人の性格によって、許容範囲は変わりますが、常識的に考えてダメだと思うことは行わないようにしましょう。

3.パワーキャストで用意されている寮は個室完備!

寮にもいくつかタイプがありますが、パワーキャストで用意されている寮は、完全個室またはトイレ・風呂・食堂は共同ですが、寝室は個室の寮となっています。そのため、パワーキャストの求人を選べば、相部屋での共同生活を送る必要はありません。
また、寮から職場まで無料の送迎バスが出ている場合、通勤の負担を軽減することもできます。

ここまでの話だけ聞けば、かなり優良な寮だと想像できますが、実際入居してみなければ、住み心地はわかりません。

しかし、パワーキャストの求人は、勤務前に寮の見学が可能であるため、入居してから失敗することはほとんどありません。寮の見学だけでなく、仕事に関する相談も無料で行うことができるため、職場選びに失敗する可能性も低いでしょう。

まとめ

寮が相部屋となると、不安を抱く人も多くいるでしょう。またそういった不安が理由で、就職も断念する人も少なからず存在します。しかし、最低限のマナーや礼儀を守り、距離感を保てば、同居人と良好な関係を築いていくことはそれほど難しくなく、不安に思う必要はありません。

入寮する前には、しっかりと情報を集めて、求人先や紹介会社を吟味することも良い職場を選ぶためのポイントと言えます。寮付きの求人へ応募を考えている人は、今回の記事をぜひ参考にしください。